酒が飲めなくても楽しい

職場にいたアルバイトの若い男の子はお酒が飲めませんでした。
その子の話によると、十代の学生の時にかなり酒を飲んで体を壊してしまったとのことです。
タバコは吸っていましたが、お酒は止めていました。
まれなケースかもしれません。
私の周りにもお酒を全然飲まない人が何人かいます。
飲むと青ざめて具合が悪くなったり、ノンアルコールビールで二日酔いになったりします。
そのような人は友達と食べに行くとたいていは運転手役になります。
一人はそのような人が必要です。
そのようなお酒が飲めない人でも楽しいのが和食の居酒屋です。
なぜ居酒屋でしょうか。
いろいろな理由があります。
まず一つはメニューが多いことです。
必ず自分が好きなメニューを見つけることが出来るでしょう。
蟹や炭火焼等種類や食べ方も工夫されています。
そして、大勢で行くとたくさん注文できるのでいろいろなものを食べることが出来てそれも楽しいです。
一人ですと2つ、3つでお腹がいっぱいになるかもしれませんが、大勢ですと一口ずついろいろな味を楽しめるのです。
ですから酒が飲めなくても食べることに専念することにより楽しむことが出来ます。
また、値段も手軽ではないでしょうか。
一皿数百円のモノが多いと思います。
お酒を飲まなければ値段もかなり安くなります。
あと、みんなでワイワイ言いながら食事をするのは楽しいものです。
会社のグチもあることでしょう。
でも、酒の席ではすべてを流すことが出来ます。
酒を飲まなくても周りに気を使う必要はあります。
隣の人のグラスにビールが無くなっていたらビールを注いであげて下さい。
ちょっとした心遣いが大事です。
確かに日本のような居酒屋は外国にはないと思います。
たいていはバーのような酒を飲む場でメニューはそれほど充実していません。
日本に来る外人も関心が高いようです。
今は海外で日本食ブームですから和食の居酒屋もこれから海外で増えていくのではないかと思います。