世界で人気な和食

和食が無形文化遺産に登録されてから一層注目を浴びるようになりました。
古代から食されてきたさまざまな料理や季節と行事などの伝統文化に根付いている和食は海外でも人気があります。
日本は戦後からこれまで非常に長い間欧米や近隣諸国の食文化に傾きつつありました。
しかし最近再び和食の価値が再評価されています。
また和食はダイエットにも効果があることがよくいわれるようになりました。
そこである医者は外食をするなら和食の居酒屋へ行く事をすすめています。
なぜなら和食の居酒屋にはヘルシーな小鉢料理がたくさんあるからです。
油をほとんどつかっていない料理もたくさんありますからメタボが気になる方にも心強いのではないでしょうか。
例えば刺し身は素材をそのままいただきますので、味覚にも健康にも理想的です。
また冷奴は良質な植物性たんぱく質を摂取する事が出来ます。
さらに居酒屋に欠かすことのできない枝豆は今アメリカでも非常に注目を浴びています。
えだまめという呼び名も日本語そのままです。
映画館などポップコーンとともに売られているそうです。
枝豆には女性に必要なイソフラボンがたくさん含まれていますから一部のハリウッド女優たちは毎日枝豆を食べているそうです。
また枝豆はビールとの相性がとてもよくアルコールの分解を助けてくれます。
このように居酒屋には健康的なメニューがたくさんあります。
普通外食にいけば肉や魚などのたんぱく質がメインでつい野菜不足になりがちです。
野菜といっても小さなサラダが少し気持ち程度について来るだけです。
でも居酒屋だとたくさんお野菜のメニューがあります。
とはいっても脂っこいメニューもありますから、居酒屋にきたからといって安心して揚げ物や肉類ばかり頼んでいては同じ事です。
野菜を積極的にオーダーするなら悪酔いする事もありません。
また新鮮な海鮮もビタミンとミネラルが豊富ですからお肌のためにもなります。
このように和食はとても身近な存在でありながら浮気していろんな国のものを食べてしまいます。
最低でも一週間に二、三回は本格的な和食をたべたいものです。