韓国料理のサムギョプサルはクセになる美味しさです

私が大好きなサムギョプサルの美味しい韓国料理のお店は東京新宿区の新大久保にあります。深夜でも営業している大型ディスカウントショップの脇の小さな路地を入り、街灯も人通りも少ない道を歩き、公園を抜けると、そのお店はあります。お店にたどり着くまで少しディープな場所を通りますが、それもこのお店にたどり着くまでの楽しみです。

お店に入り、席に付くと何も注文しなくても韓国海苔やモヤシやほうれん草のナムル、水キムチ等の5〜7品の韓国料理のお通しのような物がテーブルに運ばれてきます。ついつい食べ過ぎてこれだけで、お腹いっぱいになってしまいそうですが、ここはメインのサムギョプサルが出てくるまで我慢です。サムギョプサルは豚の三枚肉を使った韓国風の焼肉で、焼いた三枚肉をサンチュに乗せ、味付け味噌やにんにく、ゴマの葉、ネギ、キムチ等を好みに合わせて巻いて食べます。鉄板の中央が盛り上がっているので、三枚肉を焼くと余分な肉の脂身が鍋の縁に落ちるので、とてもヘルシーなお肉が食べられます。ベーコンのようにカリカリに焼いても美味しいです。初めて食べてから、この味が忘れられず、深夜に自転車をこいで一人で食べに行った事もあります。

何回もお店に食べにいくようになったのですが、ある日家でもサムギョプサルが美味しく食べられないかと考え、帰りに新大久保界隈で専用の鉄板を探した所、1枚3000円位で鉄板が売っていました。三枚肉もスーパーで安売りの時に購入しておけば、100g100円位で買える時もあるので、これは家で安く美味しく食べられるのではないか?と思いました。すぐに家のコンロで使える鉄板を購入し、三枚肉も安く大量に購入しました。新大久保にある韓国系のスーパーではサムギョプサル用のタレ等も売っているので、味付けを間違える事はありません。家でも手軽に美味しく、そしてお店で食べるよりも安くお腹いっぱいになるまで本格的な韓国料理の味を堪能できました。