目標は店長

飲食業界は慢性的な人手不足です。
大学生が就職したくない業界のトップが飲食業界です。
しかし、飲食業界は成長しており、さらなる人材を必要としています。
パートやアルバイトだけでは限界があります。
お店を任せることが出来るような人材を育てる必要があるのです。
企業にとって人材は宝であり、人材を育成できなければその企業も長くは続きません。
そのような中で和食の居酒屋で成功している会社があります。
経営者はもともと自分で飲食店を経営していましたが、今ではそのノウハウと売るという形でビジネスを行っています。
その企業の下に来る人はみんな目標がある人たちです。
つまり、自分が経営者もしくは店長になりたいと思っている人たちです。
何でもそうですが目標があると進歩が速いものです。
飲みこみも早く頑張って働きます。
その企業では直営店とフランチャイズがあり、さらには将来的に独立することも可能です。
社長との面接もやる気があるかどうかで判断されます。
採用されれば、翌日から直営店でスタッフとして働きながらお店の事を学んでいきます。
確かに学生時代にアルバイトとして飲食店で働く場合、大変さばかり感じるかもしれません。
休みもとりにくいことでしょう。
それでも飲食店はやりがいがあり、成功すれば大きな収益を得ることが出来ます。
もちろん、メニューも大事です。
フランチャイズであれば、メニューを考える手間が少しは省けるかもしれません。
また、食材をまとめて購入してもらえるのでコストをカットしてもらえるかもしれません。
確かに仕事をしていくうえでやりがいを感じるのは自分の仕事の結果を見ることが出来るものです。
頑張った分が成果として見ることが出来るのであれば、それはやりがいにつながります。
また、飲食店は経営も比較的簡単ではないでしょうか。
衛生面の管理などは気を使うかもしれませんが、お金の流れは把握しやすいと思います。
目標は大事です。
店長になるという目標があれば頑張ることが出来るでしょう。